命がけから生まれる真剣さ

内藤です。

ワールドカップに出場しているボスニア・ヘルツェゴビナ。
1990年代に民族間の紛争によって争いのたえない場所でした。

今ワールドカップに出ているボスニア・ヘルツェゴビナの選手達は、この紛争を幼少のころに体験している年代です。

戦闘が激化するなか、地下のシェルターで何十日も過ごしたそうです。

その時、空爆のないタイミングを見計らって外でサッカーをやったとテレビのインタビューに答えていました。

「命がけでサッカーを練習した」と。

民族の対立で、殺されてしまうかもしれない、巻き込まれるかもしれないという、いのちの危険にさらされた状況のなかで少年たちにとってサッカーは生き抜いていく希望だったのでしょう。

「命がけでやった」 って重いですよね。

僕らは日本にいて、いのちを脅かされる状況で何かをやるって普通ありません。
(職業によってはあるでしょうが)

命がけですから、究極に真剣ですよね。

命を危険にさらせってことではありませんが、今の恵まれすぎている環境に感謝して、同じくらい真剣に取り組みたいですね。

僕ら日本人は起こっていることは大抵ラッキーです^^

ボスニア・ヘルツェゴビナは、残念ながらグループ敗退ですが、民族は違えど、ともに挑戦するチームワークはかっこよかったです。

条件を作ることで、価値を高める

内藤です。

今年も落選してしまいました(笑)

僕のブログやメルマガ、Facebookを読まれている方なら多分ご存じだと思いますが、僕は大の「大曲の花火」ファン。

もう変態級です(笑)

今年も、有料桟敷席のはがき抽選に出しましたが、落選。

あとは、現地抽選とインターネット抽選です。

もともと、現地抽選に行くつもりでしたから、まぁ、想定内です^^;

現地抽選会は毎年3000人ほど並びます。

そう狭き門なのです。

大曲の花火は、土浦、長岡と並び日本三大花火の1つです。

花火の豪華さや派手さは、長岡やPLにかなわないかも知れないのですが、大曲はなんと言っても日本トップの花火師による「競技」です。

これだけ、日本のトップが一堂に会するのはなかなかありません。

HNKのBSでも生中継され、優勝の業者には、内閣総理大臣賞が与えられます。
(内閣総理大臣賞が授与されるのは、大曲と土浦だけ)

で、大曲の花火は年に1度きりです。

まぁ、他の花火大会も年に1回ですが、ようは、「花火」ではなく、「大曲の花火」を目的にみんなやってきます。

大曲じゃなくても、長岡でも土浦でもそうですが、年に1度きりだから余計に見たくなります。

良い条件で見れる桟敷席にも数に限りがあります。
はるばる秋田まで行かなければ見れません。

つまり、ハードルが高いから、かき立てられます。

サッカーのワールドカップも4年に1度だからこんなに盛り上がります。

つまり、ファンを作るためには、何かしら条件を付けた方が良いと言うことです。

いつでも、どこでも、安く手にはいるのは、便利です。

でも、その業界や地域で圧倒的に1番にならないとファンにはなってくれません。

限定性のある条件を付けることで、価値感も高まります。

ですから、商品なんかでも数量限定とか、人数限定のものがあると売れやすくなります。

月ごとにキャンペーンをやって、数量限定の商品を作ったり、別に新たに作らなくても、パックで組み合わせたり、いろいろできますね。

レストランでも、「限定10食」のメニューがあると、それだけで気になります。

ただ同じ商品を売るのではなく、条件を作ることで価値は生み出せますね。

「ネット予約限定」とかでも、違うと思いますよ^^

Facebookから沢山のアクセスを呼び込むリンクの貼り方

内藤です。

このブログはまだまだアクセス数は少ないです。
今はだいたい1日1000PV(ページビュー)ほど、多いときで1600PVくらいです。

アクセスを呼び込むには、検索、SNS、アメブロなど他のブログなどからがあります。

で、Facebookの投稿の仕方によって、多くのアクセスを呼び込むことができます。

普段は検索からが一番多いですが、それでも1日150くらいです。

アメブロに、このブログへのリンクを貼った時でも100程度。
Facebookも、ブログへのリンクを貼らなければ10とかです。

それが、先日Facebookへ記事URLを載せたところ500オーバーに。スマホなどもあわせたらもっとですね。

この前日も500弱あって、24時間で言えば1000アクセス以上あったことになります。

やっぱり、人が沢山いるFacebookに入り口を作っておくと、沢山人を呼び込むことができるってことですね。

ぼくの場合、アドセンスはしてないので、アクセス数はあまり気にしていませんが、それでも増えると嬉しいものです。

ちなみに同時投稿や、ただ記事URLを貼っただけでは効果がありません。
まだまだ検証中ですが、リンクの貼り方で効果が大きく違います。

僕のFacebookの投稿を見て、そのヒントを探ってみてくださいね^^

Facebookのフォローはこちらになります

それは真剣か? 自分に問いたい3つのこと

内藤です。

先日、ある方とお話をしていて、何かに真剣に取り組むには3つのことが大事だな〜と改めて気づかされました。

3つとは

  • 覚悟
  • 誇り

この3つがあってこそ、本当に真剣になれている証拠だと思うし、周囲にも伝播します。

例えば、今やっているサッカーワールドカップ。

代表選手達は、それぞれ代表としての覚悟、誇り、愛があるはずです。だから、僕らも彼らに心打たれる。

代表としての覚悟のない戦いに、僕らは感動するでしょうか?
代表としての誇りを持たない選手に、僕らは応援したくなるでしょうか?
代表への愛をもたないチームに、僕らはサポートできるでしょうか?

仕事に関してもそうです。
取り組んでいる仕事に対して、覚悟、誇り、愛がなければ大成しません。

松下幸之助にしろ、本田宗一郎にしろ、誰よりも強かったはずです。

覚悟を持って取り組み、誇りを持ち、愛情を注ぐ。

ビジネスオーナーは、まずは誰よりも自分のビジネスに対してこの3つが強くないといけません。

横綱の白鵬。
力士として、この3つはもちろん、夫としての3つも持ち合わせていましたね。

いかがでしょうか?

自分の仕事に対して、夫として、妻として、親として、この3つを持てているか振り返ってみてください。

僕も今一度ビジネスに対して、いつも気遣ってくれる妻に対して、この3つを誓います!

6月29日に、ワードプレスでホームページを作るセミナー行います

内藤です

6月29日(日)
東京でセミナーを行います。

ワードプレスを始めたい方、使い方でつまづいている方、ホームページを作りたいと思っている方対象で、セミナー中にワードプレスでホームページを作っていきます。

パソコン操作をしながらのセミナーなので、安心して作れますね。

今僕のワードプレスのサイトは、アメブロよりもアクセスが多くなっています。

基本的に僕は、全ての矢印をワードプレスで作ったサイトに向けています。

アメブロ ⇒ ワードプレス
Facebook ⇒ ワードプレス

のように。

逆はありません。

どこに集めたいか?

を意識しています。

で、最近面白いことに気がつきました。

ワードプレスの、アメブロからのアクセス数は、1日多いときでも100くらい。

それがFacebookであることをしたら、Facebookからのアクセス数が1日500以上ありました。
(検証を重ねていますが、凄いです^^)

ワードプレスは成長するのに時間がかかりますが、ワードプレスを育てるのにアメブロだけではなくFacebookも効果的(もしかしたらアメブロ以上に!?)ですね~

そんなアメブロやSNSとの活用法もお話します。

詳しくはこちらから、お願いいたします

ユーザー名がadminのままになっていませんか?

内藤です

ワードプレスのユーザー名をadminのままにしている方が多いのではないでしょうか

昨年、管理画面に侵入され、書き換えられるなどのハッキングも大発生しました。

ワードプレスをやっていたらログイン画面のURLも同じですし、ユーザー名がadminのままだと狙われやすいです。

インストールする際に、adminではなく、他のユーザー名にすれば良いのですが、既にadminで登録してしまっている場合に、ユーザー名を変える方法を紹介します。

ユーザー名は一度設定すると変更できませんので、他のユーザー名登録をして、adminを削除するという方法になります。

他のユーザー名を登録

管理画面の左メニューの 「ユーザー」⇒「新規追加」から

新規ユーザーを追加します

メールアドレスは、adminで使っている以外のメールアドレスを入力します。 adminを削除後、adminで設定しているメールアドレスに変更することも可能です。
権限グループを「管理者」にします。

最後に「新規ユーザーを追加」をクリックし、一旦ログアウトします

adminを削除

先ほど新しく設定したユーザー名でログインします。

管理画面の左メニューの「ユーザー」⇒「ユーザー一覧」から adminを削除します

adminを削除する際、それまで投稿した記事などを、新しいユーザー名での投稿に移行させます。

「すべての投稿を以下のユーザーにアサイン」にチェックをいれ、新しいユーザー名を選択します。

「削除を実行」を押すと、これでadminのユーザー名がなくなります。

もし、adminで設定していたメールアドレスを新しいユーザー名で設定したい場合は、新しいユーザーの編集で、メールアドレスを変えるだけでOKです。

ブログ上の表示名もユーザー名も変更

ユーザー ⇒ あなたのプロフィール から

ニックネームを設定し、ブログ上の表示名をユーザー名から変えることができます

セキュリティ対策の1つとして、すぐにやっておきましょう

ブログやホームページ、メルマガって10年以上前から利用されています

内藤です。

ブログやホームページ、メルマガって10年以上前から利用されています。

mixiが登場したのが2004年。今年で10年なんですね〜。

この10年で登場したメディアって沢山あります。

  • Twitter
  • Facebook
  • tumbler
  • Linkedin
  • Google+
  • Foursquare
  • YouTube
  • はてなブックマーク
  • mixi
  • gree
  • LINE

とかって、簡単に出てきやすいですが、この当たりはメジャーで、もっと沢山あります。
で、沢山消えています。

上にあげたものの中でも、使ったことのないメディアってあると思います。今はユーザー多いけど、今後どうだろう?って思うものもありますよね。
いかに移り変わりが激しいかが分かります。

ブログは、WordPressやアメブロ、FC2、bloggerなど種類は沢山ありますが、ブログというメディアの種類自体は相変わらずメジャーです。

10年以上もネットで利用され続けているメディアって凄いことです。

ブログ、ホームページ、メルマガは、やっぱりこの3つは核となるメディアですね。 WordPressなら、ブログとホームページ1つでできます。
当然他のメディアも活用することは大切ですが、この核を強くするためのメディアですし、核があてこそのメディアです。

Facebookが日本で流行だしたころ、「Facebookページ(Fanページ)で、もうホームページはいらなくなる」なんて言われていましたが、今はどうでしょう。

核となるものは、ちゃんと持っておきたいですね。

アドセンスよりも自分の商品

内藤です。

サイドバーとか、記事の下とかに広告が載っているブログってありますよね。

あれは、「AdSense(アドセンス)」というGoogleの広告アフィリエイトです。つまり、クリックされたら報酬がもらえるというもの。
(アメブロでは、最初に広告が入っていますが、クリックされたらアメブロ側に報酬が入ります)

クリックされるだけでお金に替わりますから手軽に始められます。
1クリック当たりの報酬は数十円(変動します)。Google以外のクリック型アフィリエイトはもっと安かったりもします。

で、このアドセンスは、訪問者にあわせた広告が表示されます。訪問者がそれまで訪れたサイトに関連したものなど。

自分のサイトに商品がない場合はいいと思いますが、商品がある場合、その広告はライバルになります。

自分の商品よりもそっちに目が行ってしまうかもしれません。なんせ、好みにあった広告が表示されますから。

「副収入的に入ればいいや」と思っても、そうそう簡単ではありません。
アドセンスの場合、報酬額とPV数(ページビュー数)は相関関係にあります。

クリック率、単価によって多少違いはでるでしょうが、単純にいうと沢山アクセスがあったほうが沢山稼ぎやすいということ。

仮に、単価30円で、クリック率が1%だとしたら、
1万PVでクリック数が100クリック。報酬は3000円です。

1万PVってことは1日あたり、333PV。

3万円欲しければ、1日3333PV、月の10万PVは必要ってことです。

世の中大半のサイトは、そんなにないと思います。

あ、自分でクリックするのはNGです。アカウント停止になります。

アドセンスだけで食べてる人もいると思いますが、月間100万PVは軽くオーバーしてるでしょうし、記事内容も面白く、更新頻度高いです。
もしかしたら、他にもアフィリエイトをやった上で食べていけているのかもしれません。

自分の商品があるならば、まずはアドセンスなど広告は貼らずに、少ないアクセスでも来た方に興味をしっかりと持ってもらえて、自分の商品利用に繋がる作りにした方がいいです。

どうしてもアドセンスしたいならば、自分の商品が売れる形になって、アクセスが沢山来るようになってから考えた方がいいです。

まずは、自分の商品に興味を持ってもらう努力をしましょう。

WordPressにも入れておきたいアクセス解析

内藤です

ブログやホームページを運営していく上で、アクセス解析って大事です。

ただアクセス数ではなく、どこからアクセスがどのページに来て、どれだけ読まれて、どこがクリックされて、どう次に繋がって行ったか。または、どこでどう離れてしまったかなど。

WordPressでは、プラグインのJetpackにある、「サイト統計情報」。 wordpress.comでアカウントを作っていれば、このアクセス解析を使うことができます。

アクセス数、リファラ(リンク元)、よく見られている投稿・ページ、検索キーワード、クリック先が管理画面からも見れて便利です。

さらに詳しく分析できるGoogleアナリティクスもあります。

 Googleアナリティクスってどんなもの? と言う方はこちら

googleが無料で提供するアクセス解析で、あるページから次に読まれたページや、目標を定めた行動(特定のページを見るとか、クリックされるとか)の割合など細かい分析ができます。

でも、難点が1つ。

それは、とっても使いにくいということ^^;

どこをどう見たら、何が分かるのかがわかりにくんです。

なので、あまり初心者向きではないのです。
ですが、アクセス解析を活かしたいという方、サイト担当者の方は取り入れておきたいところです。

とはいってもやっぱり難しいものは、難しい(笑)

こういう場合は、参考書に頼るのが1番です。

機能は沢山あっても、重要な部分は限られています。参考書は、見るべきポイントを教えてくれますね。

Googleアナリティクス アクセス解析完全ガイド ユニバーサルアナリティクス対応版

Googleアナリティクスアクセス解析完全ガイド